This Archive : 2010年11月

--.--.-- *--*

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.11.30 *Tue*

GANTZジャパンプレミアとZERO 

紅白のスポット、やっと見れたー。
視聴者審査員募集のお知らせを、嵐さんと松下さんで。
ニノちゃんが喋ってる時、隣で真顔の相葉さんが超イケメててキューン!
そして翔ちゃんの若干テカり気味のでこが気になる。


* * *

今朝は「GANTZ」ジャパンプレミアのためにWS追っ掛けてましたけど。
ニノと松ケン…並んでるとやっぱり似てる。
兄弟っぽい。
けど、ニノの方が年上っていうのがイマイチ不思議な感じがする。

うららで、松ケンがニノの演技について話していたのが印象的でした。

「一緒にやらせてもらって思ったのが、(演技)は自然なんですけど、いつ二宮さんから玄野に入ったのか分からないんです。でも、目の前にいるのは玄野でしかないというか。そして、玄野も自然に演じているんですが、その自然さを演じている、それが本当に素晴らしいなと思いましたね。だけども、本番以外のところでは二宮さんでしかなくて、いつ玄野になってんだ?と思ってそれはホントに不思議でした」と。

ニノは「ありがたいですね」って言ってましたけど、松ケンにこういう風に素晴らしいって評価されるのってスゴいですよね。


* * *

昨日のZEROカルチャーは、芥川賞作家 吉田修一さんと村尾さんの対談。
新しいものにチャレンジするのは大変だけど、失うものより得るものの方が多いって予感はあったって吉田さんが言ってました。
挑戦するか迷ってる時って、なかなか前向きな考え方が出来なかったりするけど、いざ踏み出してみると確かに得るものもたくさんあったような気がします。
失うものもあるけど、挑戦したって達成感とか充足感とか、そういうものは確実にあったなぁとか。
何かに挑戦する時に、自分が間違ってるかもしれないという謙虚さを持っていることが、チャレンジした場合の成功率を高める一つの秘訣だって村尾さんが言ってたんですよね。
その方が、新しい考え方とか色々なものが素直に聞けるようになる。
ホントにそうだなぁって思います。
結局、耳を傾けられなかったら、一人で吸収できることなんてたかが知れてるんですよね。
素直に聞こうとする姿勢って忘れたくないなぁって思いました。

「何をどこまで挑戦して、何をどこまで変わらず守るのかっていうのは、最近僕もメンバーとよく話すんですけども、変わらないことも勿論大切だと思うんですけど、次のステージを望むんだとすれば、挑戦することにしかその先はないと思ってるので、常に新しいことに挑戦する吉田さんのように在りたいなぁとVTR見て思いました」
という翔さんのコメントがスゴいというか、さすがというか。
やっぱりたくさん考えてるんだなぁって思ったし、あの短い時間にしっかり纏めて、且つ的を得たコメントが出来るのもさすが。
ひたすら尊敬です。


拍手&コメント、いつもありがとうございます
励みになってます。
拍手お返事はResponseへどうぞ。
スポンサーサイト

Profile*

らうす

Author:らうす
嵐さん大好き。
ひいきは緑のミラクルさん。
※相葉さんに関しては少々粘着気味に愛でてます。
暴走と時々吐き出す毒は愛が故。
no arashi no lifeかもしれない日々。
初めましての方はコチラをご一読ください。

/ 
 (since 2009.5.8)

--------------
Twitter ID
@17kimidori24_s2…嵐ゴト・日常の呟きはコチラ。

のらりくらりより*

現在、コメント欄は閉じさせていただいてます。

何かありましたら、メールーフォームまたはツイッターにも出没してますので、そちらまでどうぞ。

Recent Entry*

Category*

Archives*

LINKS*


らうすにメール*

Copyright © のらりくらり All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材:hadashi )    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。