FC2ブログ

This Archive : 2011年08月18日

2011.08.18 *Thu*

悩んで寄り添った役 *朝日新聞神カル特集 

VSもしやがれもお休みで、動くまさきが見れないことがこんなに堪えるとは。
というか、一週間の楽しみがないのって、やる気削がれる。
ただでさえ暑くてだらけそうなのに…
この間、日々是精進とか言ってたくせに、根性なくてスミマセン。
もはや、ひみあらの予告だけが楽しみです、今日は。


今朝の朝日新聞、神様のカルテ4面広告。
110818_2.jpg
110818.jpg

翔ちゃんのインタビューもしっかり載ってます。
これまで出会ったことのない作品と役で、話をいただいたとき、これを本当にできるのか、自分に乗り越えられるのか、というのが最初に思ったことだそうです。
一つずつ積み上げるように栗原一止という役に取り組んだそうですけど、撮影していた2ヶ月間はずっと気分が重くて、他の仕事をしていても、心の半分以上は一止という役に占められているようだった、と。
これは翔ちゃんが意図的に、一止という役を忘れないようにしてたのかなぁとは思うけど、たくさん悩んで演じたんだろうな。
患者から慕われ、同僚の信頼も厚い医師を演じながらも、感じてたのは「無力感」だったっていうのは意外でした。
「医師も一人の人間として、いつも悩み、迷いながら答えを出している。答えを出した後もまだ迷っている。この役を通して、医師という仕事のそんな難しさが少しわかった気がします」
という、翔ちゃんの言葉で納得したというか、意外なことじゃないのかもなぁって。
医師のこういう面を知って、命に寄り添う姿とか心情なんかを感じ取ってしまったら、簡単ではないよなって思います。
この映画は命と寄り添うことや、万人を救える訳じゃないという無力感だったり、そういうことも伝えようとしている内容なのかなって思うので、そういう諸々から逃れたり誤魔化す訳にはいかないですよね。
だから、翔ちゃんも最初に乗り越えられるか考えたし、撮影中も悩んだのかなぁって思いました。
神様のカルテという映画、栗原一止という役に関わって、翔ちゃんが人として一回りも二回りも大きくなった気がするんですよね。
元々芯のあるしっかりした考え方をする人ではあるけど、更に、というか。
いや、末恐ろしいです。
もっとキラキラになるって。

それにしても、神様のカルテ、どんだけ大々的なんだ。
新聞で特集も何回目?
相葉さんナレーション映画は、間違ってもこんなことにはならないだろうから、ひたすら羨ましい。
新聞で4面特集とは言わないけど、相葉さんの時も祭りやって欲しいなぁ。


追記にランキングについて。


拍手&コメント、いつもありがとうございます
お返事お休みさせて頂いてますが、拍手コメも大事に拝見してます。
感謝カンゲキです!
スポンサーサイト




Profile*

らうす

Author:らうす
嵐さん大好き。
ひいきは緑のミラクルさん。
※相葉さんに関しては少々粘着気味に愛でてます。
暴走と時々吐き出す毒は愛が故。
no arashi no lifeかもしれない日々。
初めましての方はコチラをご一読ください。

/ 
 (since 2009.5.8)

--------------
Twitter ID
@17kimidori24_s2…嵐ゴト・日常の呟きはコチラ。

のらりくらりより*

現在、コメント欄は閉じさせていただいてます。

何かありましたら、メールーフォームまたはツイッターにも出没してますので、そちらまでどうぞ。

Recent Entry*

Category*

Archives*

LINKS*


らうすにメール*

Copyright © のらりくらり All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材:hadashi )