04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

This Archive : 2017年04月

--.--.-- *--*

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2017.04.18 *Tue*

これが相葉御前。どうよ! 


ドラマ貴族探偵の1話見たらテンション上がって久々にブログ書こうかなって気になったのでつらつらと思ったこと書いてみる。


貴族探偵第一話のあと、案の定の下げ記事が出たり、あーだこうだ言う人がいるのは想定内。
記事は別として、人の感想なんてそれぞれだからね。自由に言えばいいと思う。

ということで、私も好き勝手に感想言わせてもらうと、テンポも良かったしすごく面白かったよ。
原作も読んだけど、まったくの原作通りではなかった。
でも、原作と変えたことによって謎解きの部分がブレたってこともなかったと思うし、手がかりになるものが少し違ったりしてもおかしな辻褄合わせにもなってなかった。

相葉さん演じる貴族探偵。
この御前様、私はすごく愛着湧いた。
原作の御前には「クールな変人」って印象を持ったんだけど、相葉さん演じる御前に感じた印象は「カジュアル変人」
いや、そんな言葉ないからあれだけど、釣りが出来ないって拗ねてみたりとかそういう可愛いところがあるし、物言いも抑揚があって喜怒哀楽も出してるからカジュアル。
けど、愛香には結構厳しいことを言ったりするクールなところもあるし、言動が飄々としてたりもする。
原作と同じく、気品や優雅さがあることは大前提で、それを根底に据えた上での重厚感をすこしだけ削いだようなカジュアルさ。
カジュアルだし、飄々としてるのにどこか無機質で。
人間味が感じられない部分があるというか。
そういうのが感じられる貴族探偵だなって思った。
きっとこれは相葉さんが考えて考えて作り上げた相葉御前って形なのかなぁとも思ったり。

自分の主な仕事はあくまでも傷ついた女性のケアで、使用人に推理をさせることで事件を解決していくのって、一見どうなのって感じだけど、愛香がギリを使うのと同じで、使用人をツールとして使っているってことなんだろうな。
だけど、使用人に愛情を持ってる。
使用人は自分の道具だけど、ちゃんとその道具を愛して使ってますよっていうのは感じられる。
だから不快には思わないのかなぁとか。

麻耶先生曰く、
『貴族探偵に絶対不可欠なものは「余裕」。貴族の持つ「余裕」が相葉さんから感じられればそれでいいと思う』
だそうだ。
原作に忠実じゃなかったとしても、その絶対不可欠な部分がきちんと出てれば自由にやっていいよってことなのかなって思った。
少なくとも私は余裕を感じたし、相葉さんの役作りは間違ってないんじゃないかなって思った第一話を見ての感想でした。




スポンサーサイト

Profile*

らうす

Author:らうす
嵐さん大好き。
ひいきは緑のミラクルさん。
※相葉さんに関しては少々粘着気味に愛でてます。
暴走と時々吐き出す毒は愛が故。
no arashi no lifeかもしれない日々。
初めましての方はコチラをご一読ください。

/ 
 (since 2009.5.8)

--------------
Twitter ID
@17kimidori24_s2…嵐ゴト・日常の呟きはコチラ。

のらりくらりより*

現在、コメント欄は閉じさせていただいてます。

何かありましたら、メールーフォームまたはツイッターにも出没してますので、そちらまでどうぞ。

Recent Entry*

Category*

Archives*

LINKS*


らうすにメール*

Copyright © のらりくらり All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ( ブログ限定配布版  / 素材:hadashi )    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。